20140719氏神様に対し、お子様が無事に誕生したことへの感謝と
健やかな成長を願うセレモニーであるお宮参り。

その際に『なぜ赤ちゃんに【産着】をかけるの?』と
聞かれることがあります。
本日はそんな産着にまつわる話をひとつ。


【産着】は一つ身とも言い、背縫い(着物の背中の縫い合わせ部分)がありません。
これは古来より、着物の背中の縫い合わせ部分より魔物が入るという言い伝えに対し、背縫いのない【産着】で大事なお子様を守るということなんです。

つまり、ご家族みなさまの愛情の結晶が【産着】をまとってのお宮参りなんですね。


わたしたちは、日々このような重要な意味を忘れることなく
これからも、皆様の大切なセレモニーのお手伝いをさせていただきたいと
スタッフ一同願っております。


鎌倉着物スタジオ
0467-25-3434