鎌倉着物スタジオぶろぐ 八幡宮から最も近い貸衣装・美容着付・写真館

鎌倉着物スタジオのブログ。当店はお宮参りや七五三のお祝い・おでかけ着物レンタル、美容着付けと、鎌倉の街並みや築80年の古商館を活かした、室内、屋外ロケーション撮影を提供する新発想のスタジオです。

カテゴリ: 鎌倉お宮参り衣裳

キラキラおめめのお姫様
可愛らしい女の子のお宮参りです。
鎌倉お宮参り写真 (1)

さて、今回は女児産着についてのお話です。

ご利用の産着はラインナップNO20。赤地の正絹もの。
赤は太陽の恵み。生活に光と安らぎをもたらす「火」。生命の証である「血液」など、生きて行くために必要な大切な色であり、古来より神聖な色とされております。
着物の中心にはピンク(桃色)を用いて、優しく柔らかい女の子らしさを表しています。
※「桃」は中国古典では非常に縁起の良い果実。邪気を払い身を守るという意味もあります。桃の木にはたくさん実を結ぶことから多産に通じ繁栄をもたらすという意味も。おいしい果実には疲労回復や血行促進の効用があるとして、長寿に通ずるという意味もあるそうですよ。

女児の産着には、とても華やかな文様が描かれます。
大きな桜と菊の文様。桜には豊かな未来を、菊には長寿を願うという想いが込められています。
鼓など、楽器は大きく鳴り響くということから「良く成る」という意味です。
そして、長寿のシンボル。吉祥文様の鶴です。ちなみに折鶴文様は江戸時代以降に取り入れられたそうですね。

産着を纏ったお姫様。パパとママとの素敵な家族写真です。
鎌倉お宮参り写真 (2)

最愛のお子様の、健やかなご成長を願う気持ちの表れ。
産着には大切なものがたくさん入っているのですね。

お子様の初宮参り、誠におめでとうございます。


鎌倉着物スタジオ
0467-25-3434

お宮参り撮影のお客様です。
可愛らしくも、キリッとした笑顔でレンズを見つめてくださいました。

鎌倉お宮参りスタジオ写真

さて、本日は産着の文様についてのお話です。
今回ご利用の産着ラインナップNO10の文様について説明します。

濃紺の地紋には優美で格調高い菱があしらわれています。(写真では少しお分かりづらいですね。申し訳ございません)

兜の文様は勇壮活発の象徴。男児の出世を願うとともに、さまざまな災いから身を守り、わが子の無事な成長を願う、男児の祝い着ならではの文様です。七五三の5歳のお祝いで着る羽織にもよく見受けられる文様です。

縁起の良い宝船は、お金に不自由することが無いように。その膨らんだ帆は未来への希望を表しています。

松は風雪に耐える常緑樹。長寿の象徴。古代中国では理想郷である蓬莱山(仙人が住む)に生えると考えられた吉祥文様になります。

このように、産着には、大切なお子様の健やかなご成長を願うご両親や祖父母様の愛情が、こんなにも込められているのですね。

鎌倉お宮参り家族写真和室

皆さまが産着をお選びになる際のご参考になれば幸いです。

次回は女児の産着文様についてふれたいと思います。


鎌倉着物スタジオ
0467-25-3434

 

まさに天使の微笑み。
きらきらと輝く美しい瞳で、しっかりとレンズを見てくださいました。
鎌倉お宮参り写真
本日のお宮参りの天使さま。
真朱(しんしゅ)色の産着が、可愛らしさを一層引き立てます。
梅文様、真ん中には華やかな御所車が入った着物。
梅は香り高く、寒い冬の中でも咲き始めるということで、
古来よりとても縁起の良い花とされてきました。
今の季節にピッタリですね。
初宮参りを迎えた大切なお子様への、パパとママの愛情の表れです。

鎌倉お宮参り家族写真

ママに優しく抱っこされ、パパの大きな暖かい手で支えられ。
家族写真はベビードレスで撮影をしました。
ふんわりとした、自然な感じのお宮参り写真です。

産着とベビードレスの両方をまとい、いろいろな表情を残すことができました。
お写真の出来上がりを楽しみにしていてくださいね。
初宮参り、誠におめでとうございます。

鎌倉着物スタジオ
0467-25-3434





鎌倉着物スタジオ

↑このページのトップヘ