清々しい5月の青空の下、鎌倉市長谷の鎌倉文学館にて
フォトウェディングが行われました。
ご新婦は純白のトレーンが美しいウェディングドレス。
ご新郎も清涼感のある白のタキシードで。
クラシカルな洋館とガーデンのグリーンにベストマッチです。
スケール感のある鎌倉文学館ならではのシーン。
鎌倉文学館フォトウェディング

石畳の上で愛を誓い合うおふたり。
笑顔がキラキラしています。
ご新婦のヘッドスタイルに注目!
ダウンスタイルヘアにボンネ。柔らかで上質なベールを使って
上品でクラシカルな雰囲気にまとめました。
ブーケも文学館の「薔薇」にこだわり、アンティークカラーのバラで製作いたしました。
鎌倉文学館フォトウェデイング5
鎌倉文学館は中井貴一さんと小泉今日子さんの鎌倉を舞台にしたドラマで使われた場所としても有名ですね。

芝生の美しいガーデンにて。
ご新婦はベールから、チュールとレースとお花が個性的なヘッドドレスにお色直し。
とっても可愛く可憐なスタイルになりました。
ご新郎は、白いパラソルでご新婦を守り、右手にはハットを持ちお洒落感を演出。
クラシカルで大人可愛い素敵な一枚に。
鎌倉文学館フォトウェディング4
サテン地に段フリルが可愛いドレス。
共布でできているチョーカーが白のハイネックのよう。
上品で可愛らしいご新婦にとてもよくお似合いです。

トレーンを取り外してこういう撮影も行いました。
鎌倉文学館フォトウエディング2


鎌倉文学館と言えば、やはり「薔薇」
ご新婦の大好きなバラに囲まれて。
鎌倉文学館フォトウェデイング3
本日のフォトウェディング、誠におめでとうございます。
晴天のこの日、バラの時期ということもあり、文学館には多くの方々が散策や写生、観光に来ていました。
「おめでとうございます!」たくさんの祝福のお言葉にテレながらも嬉しそうな笑顔。
本当に素敵なおふたりでした。
本日は誠におめでとうございます。

さて、ここで少しインフォメーション。
鎌倉文学館は鎌倉三大洋館(鎌倉文学館・古我邸・華頂宮邸)のひとつ。
今年80年目を迎える、鎌倉を代表する別荘建築であり、鎌倉市民の愛する場所です。
地元の方からもフォトウェディングのご要望が多くあります。
この「鎌倉の宝物」である文学館を、大切に維持・保存し未来に残していくため、鎌倉市は「鎌倉ウェディング事業」を立ち上げ、撮影ルールを整備し登録会社制(当店も登録)での利用を推進しております。 

鎌倉文学館フォトウェディングにご興味の有る方は、是非スタッフまでお問い合わせくださいませ。
もちろん、和装での撮影も可能です。
私たちがお手伝いいたします。


鎌倉着物スタジオ
0467-25-3434

フォトウェディングプランを見る
http://kamakura-studio.com/wedding_pw.html